お金に関するコラム

【最新情報】プロミスを徹底解説!即日融資・WEB完結・瞬フリについて解説します!

TVCMでもおなじみのプロミス。

借入したいけど、

本当に借入して大丈夫なの?
取り立てはあるの?
金利は?
自分でも借入できる?
審査は厳しい?

などなど、今回はプロミスを徹底解説していきます!

実質年利 4.5%~17.8% 利用可能額 1万円~500万円
入会金
年会費
0円 ATM手数料 無料
※コンビニの提携ATMは下記手数料がかかります。
1万円以下 108円
1万円超 216円
カード発行手数料 0円 返済方法 残高スライド元利定額返済方式
審査スピード 最短30分 即日融資 可能
収入証明書 50万円以下は不要。
ご希望のお借入額が50万円を超える場合や
ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合は必要。
使用できるATM ・プロミスATM・三井住友銀行
・各コンビニのATM(セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミマ)
・提携金融機関(セブン銀行・イオン銀行・ゆうちょ・三菱UFJ銀行・一部地銀)
・インターネットバンキング(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行)※コンビニATMは硬貨の取り扱い不可。

プロミスの金利は他社より高い?低い?

プロミスの最低金利は4.5%となっており、
他社より高い金利となっています。

ただし、基本的に最低金利が適用されるのは稀です。

最低金利が適用できるのは、
大手企業や公務員として働いていて、
安定した収入が見込める方が対象です。

お金を借入したら、平均8%ほどの金利が適用されます。

そのため、最低金利が高いからと言って、
プロミスからの借入を諦めるのはちょっと待って!

金利とは

金利とは借入をする際に支払うお金です。
レンタル料金のようなものです。

金利は、金融会社からするとリスクヘッジです。

例えば、日雇いで生計を立てている人は、いつお金が返せなくなるかわかりません。

そうすると、金利はもとより、
貸したお金が返ってこない可能性もあるのです。

そのため、収入が安定しない人には金利を高く設定して、
リスクヘッジをしているのです。

上記を確認すると、収入が安定している人が金利が低く、
最低金利はほとんど適用されないことがわかります。

金利だけで消費者金融を選ぶのは、損ですよ。

プロミスは本当に借入までの時間が短い?

プロミスのCMを見ると、早く借入できることをPRしていますよね。
プロミスは本当に借入までの時間は早いのでしょうか。

プロミスは、最短30分で審査が完了します。

これは、銀行系以外のほとんどの消費者金融が
審査最短30分というサービスを展開しています。

プロミスは、WEB完結というサービスを展開していて、
申し込みはWEB上で完結することができます。

そのため、うまくやれば、
最短30分で借入をすることは可能です。

ただし、申込内容に不備があったり、
在籍確認が取れなかったりすると借入ができませんし、
その分時間がロスします。

そのため、申込内容の確認は十分に行い。
申込も午前中など余裕を持って申込をすると最短で審査が完了する可能性が高くなります。

プロミスのWEB完結って具体的にどういうサービス?

プロミスのWEB完結は、簡単に説明すると
申込がWEBだけで完結するよ、というサービスです。

郵送物も届くことがなく、
カードレスなので、審査が通ったら、
ATMでお金を引き落とすことができます。

カードを発行する時間も短縮できます。

カードを持っていると、家族にバレてしまったり、
財布の中からチラッと見えたときに、友人にバレるリスクがあるので、
カードレスは嬉しいサービスですね。

ただし、プロミスのWEB完結を利用するには、1つ条件があります。

返済方法を口座振替にすること
まず、返済方法を口座振替にする必要があります。
口座振替は口座から自動的に引き落としされるようになりますので、
返済忘れで遅延損害金を支払うリスクが低くなります。

ただし、口座にお金を入れておくことを忘れないでくださいね!

口座引き落としには、三井住友銀行か、ジャパンネット銀行の口座をおすすめします。

理由は、引き落とし日を選択できるためです。

引き落とし日:5日、15日、25日、末日

ご自身の給料日などに合わせて選択することができます。

他の金融機関だと、5日しか選択できません。

手数料はどの金融機関でも0円ですので安心です。

WEB完結を申し込む際の注意点
口座の本人確認は済ませておく
WEB完結を申し込む際、口座振替を選択する必要があるのですが、
口座の本人確認を済ませておくようにしてください。

本人確認が完了していない場合、
契約書類を郵送する必要が出てきます。

(普段から利用している金融機関であれば、本人確認は済んでいるはずです)

カードなしを選択すること
せっかくのWEB完結、カードなしを選択しないと、
自宅にカードが郵送されてきてしまいます。

WEB完結の恩恵を受けるなら、必ずカードなしを選択してくださいね!

プロミスの会員になるといいことある?

プロミスの会員になると良いことあります!

それは、瞬フリというサービスです。

瞬フリを利用するには三井住友銀行か
ジャパンネット銀行の口座を利用する必要があるのですが、
瞬フリは最短10秒で口座にお金を振り込んでくれるというサービスです。

手数料は0円で、24時間365日利用可能なので、
急にお金が必要になったときもとても便利ですね!

プロミスの審査は厳しいの?

消費者金融の審査についてですが、
まず、「ブラックでもOK」「他で借入があっても大丈夫」といった金融会社は怪しいです!

金利が恐ろしく高かったり、
トラブルに巻き込まれることも考えられます。

参考:消費者金融、街金、闇金の違い

そういった怪しい消費者金融と比べると、
プロミスは厳しいです。

でも、それは「比べたら」のお話。

消費者金融は、返済してもらえなければ潰れてしまいますから、
「返済してくれる人」にお金を貸してくれます。

継続して収入があるか?
他で借入していて、返済が滞るということはないか?

などを審査します。

これはTVCMを実施しているような、
しっかりした消費者金融では当然の基準です。

プロミスは最短30分で、土日祝日でも審査してくれます!

プロミスで借入したい場合はどうしたらいい?

申込
プロミスで借入をしたい場合は、まず、以下より審査を申し込みます。
プロミス申込フォーム:

本人確認書類
申込をする際は、本人確認書類が必須なので、

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+【住民票】や【納税証明書】【NHK・電気・ガス・水道の領収書】などのいずれか

が必要となります。

もし、50万円以上の借入や、他社からも借入していて、
合計100万円を超える場合は、収入証明書が必要となります。

【収入証明書】
・源泉徴収票
・確定申告書
・直近2ヶ月の給与明細(※)
※ボーナスをもらっている場合は、1年間で受け取った賞与明細が必要です。

勤務先確認
借入を申し込む際、会社の情報を入力する必要があります。

正式名称や住所、電話番号、資本金など、HPなどで調べておきましょう。

申込が済んだら在籍確認
申込が完了すると、在籍確認があります。

在籍確認は、申請した勤務先にちゃんと存在するか?という確認電話です。

その際は「プロミス」とは名乗らず「個人名」など、
消費者金融とはわからないように電話がかかってきます。

とは言え、電話がかかってくるのが嫌だ、という場合は、
審査申込をしたら、自分からプロミスに電話をかけてみましょう。

保険証や給与明細、源泉徴収票を提出することで、
在籍確認なしでもOKが出るかもしれません。

ただし、必ず在籍確認がなくなるわけではないので、オペレーターの指示に従ってくださいね。

借入を急いでいる場合は、WEBから申込をして、審査している間に
プロミスの自動契約機に向かうことをオススメします!

※自動契約機に行かずに借入する方法あります(web完結)※
平日14時00分までに、口座振込依頼まで完了すれば、
自動契約機へ行かずに即日融資可能です。審査はたいてい30分以内は終わりますが、
余裕をもってお昼ごろまでに審査申込をしておきましょう。三井住友銀行、ジャパンネット銀行へ振込の場合は、
なんと、22時までの契約完了で即日融資可能です!借入を急いでいる場合はこちら
即日融資ならここがおすすめ!

審査が完了すると、再び電話が来ます。

利用限度額を告げられるので、その金額の範囲内で、
借入が可能となります!

口座振込以外の場合、電話を切ったら、
プロミスの自動契約機に、本人確認書類をスキャンし、
契約書類に必要事項を記入、カード番号を設定し、カードを発行します。

カードを受け取ったらATMに移動して、借入ができます!

※web完結の場合、本人確認書類はアプリでのやり取りとなります※

web完結での申込の場合、、審査を申し込むと、
「書類提出のお願い」というメールが届きます。

提出方法は2つあり、メールに掲載しているURLから提出する方法と、
アプリをダウンロードする方法です。

本人確認書類は写真を撮って送ります。

審査に通ると、審査結果メールが届き、
その後、ご契約手続きのご案内メールが届きます。

掲載しているURLからマイページへログインし、
「ご返済方法」から、「口座振替による返済」か「ATMによる返済」を選択します。

その後、カード発行(郵送)のあり・なしを選択するのですが、
ATMを選択した場合は、カード発行は必須となります。

以上で契約手続きは完了です!

プロミスで即日融資したい場合は何時までに申込をすればいい?

プロミスで即日借入をしたい場合は、下記を参考にしてみてください。

【平日/口座振込の場合】

三井住友銀行
ジャパンネット銀行
月曜~金曜 当日22時まで
(21時までには申込しましょう)
即日融資!
ゆうちょ銀行 月曜~金曜 14時まで 即日融資!
銀行 月曜~金曜 14時まで  即日融資!

※14時を過ぎている場合は、無人契約機でカードを受け取り、ATMで24時間引き落とし可能です。

※WEB完結の場合は、22時までに審査が完了すれば即日融資可能ですので、
21時頃には申込を済ませておきましょう。

【土日/口座振込の場合】

三井住友銀行
ジャパンネット銀行
土日・祝日 当日22時まで
(21時までには申込しましょう)
即日融資!
ゆうちょ銀行 土日・祝日 24時間 即日融資不可
銀行 土日・祝日 24時間 即日融資不可

※プロミスは土日も審査可能ですので、無人契約機でカードを受け取れば、
24時間ATMで引き落としが可能です。

※WEB完結の場合は、22時までに審査が完了すれば即日融資可能ですので、
21時頃には申込を済ませておきましょう。

【プロミス営業時間】

平日10時~18時(一部20時まで、土日営業)
無人契約機:9時~22時(一部21時)

まとめ

プロミスは、うまく利用すれば、
自動契約機に行くことなく、web上で借入まで完了、
しかも、会員になると瞬フリサービスを受けることができます!

金利は他社より高いといって敬遠すると、損ですよ!

ページトップへ