お金に関するコラム

無利息期間のあるカードローンを徹底比較

初めて借入をすると、「30日間無利息!」というサービスを展開している消費者金融がいくつかあります。

今回は「無利息」について、調べていきたいと思います!

無利息ってどういうこと?

まず、「無利息」についてですが、
みなさん、無利息という意味はしっかり理解しているでしょうか?

無利息とは、その名の通り、「利息がない」ということです。

金融機関はどうやって儲けているかというと、
返済までに利子を何%か設定して、その利息で儲けを出しています。

そのため、お金を借りると利息は必ずついてくるものなのですが、
いくつかの消費者金融は、初回の30日間は利息無料、といったサービスを展開しています。

主にTVCMをしている、プロミスアコムレイクALSAなどが無利息サービスを展開しています。

本当に無利息なの?

本当に無利息です!

ただし、もし返済が遅れた場合は遅延利息が発生します

遅延利息は20%と高く設定されていますので、
しっかり返済日まで返済するようにしましょう。

無利息サービスを利用する際に気を付けること

無利息サービスを利用する場合、大抵の場合、初めての借入で、30日間という期間が設けられています。

30日間の起算日をしっかり確認するようにしましょう。

30日を起算するのは、

契約日
から30日間なのか?
借入から30日間なのか?

それぞれの金融機関によって、設定が違っています。

起算日を間違えて無利息にならなかった、なんてことがないようにしましょう!

おすすめ!プロミスの無利息サービスについて


無利息サービスを展開している金融機関で一番おすすめなのは、プロミスです!

プロミスの無利息期間は初めての方限定で、30日間なのですが、
無利息期間の起算日が、借入日の翌日から30日なので30日間ピッタリ無利息!なのです。

調べてみると、他の消費者金融の無利息期間は、
契約日から起算しています。

そのため、契約して10日後に借入をした場合、
無利息期間は20日しかない、という事象が起こります。

もし契約日に速攻お金を借りるのであれば、30日間ピッタリ無利息ですが、
借入してから30日間の方が、安心感がありますね。

また、プロミスはカードレスのため、
カード発行料という無駄なお金を支払う必要もなく、
WEBだけで申込を済ませることができるので、そこも魅力の1つです。

また、プロミスの審査に通れば、最短10秒でお金を振り込んでくれる
瞬フリというサービスもあり、
手数料無料で、24時間365日、インターネットから申込が可能です。
※三井住友銀行・ジャパンネットの口座が必須です。

プロミスはサービスが充実していて、
手数料も削る努力をすれば、最大限削減することができるのでオススメです。

ただし、プロミスの無利息を利用する場合は、
メールアドレスの登録とWEB明細の設定が必須となります。

とは言え、これは契約する際に「やっておいた方がいいこと」ハードルは高くありませんね。

むしろ、WEB明細の登録は実施した方がよく、
WEB明細にしないと、家に郵送物が届いてしまう場合もあります。

また、メールアドレスは、登録した方が、「ご返済日お知らせメール」が受信できるので、
返済の遅延防止にもなります。

アコムの30日間無利息サービスについて


次にご紹介するのは、アコムの無利息サービスについてです。

アコムの無利息期間は初めて借入をする方で無利息期間は30日間ですが、
契約日から起算がはじまってしまいます。

そのため、借入はもう少し先に検討している場合は、
恩恵を受けることができる期間が少なくなってしまいます。

また、アコムの返済についてですが、
アコムは返済日を指定する必要があります。

・毎月指定期日
・毎月6日
・35日ごと

無利息サービスを利用する場合は35日ごとの返済を選択する必要があります。

35日を選択するデメリットとしては、
口座引き落としができない(口座引き落としは毎月6日を選択する必要があります)
自分が返済しやすい日付を選択することができない、
ということが挙げられます。

自分の返済ペースを設定できないのは、他の金融機関よりもデメリットですね。

また、アコムはカード発行が必須のため、
店舗や、無人契約機に足を運ぶ必要があります。

カード発行料という手数料もかかってしまうので、
他の金融機関よりも少し面倒なところがあります。

アコムをオススメしたいのは、楽天銀行の口座を持っている方です。

楽天銀行を持っているのであれば、アコムで借入をすることによって、
手数料なしで借入ができたり、最短1分で24時間365日借入をすることができたりします。

アイフルの30日間無利息サービスについて

アイフルの無利息サービスは、やはり初めての借入の方で期間は30日間なのですが、
契約日の翌日からが起算になります。

やはり、借入時からの起算ではないので、
契約してすぐに借入しない場合は、少し損ですね。

アイフルは、無利息になる条件は「初めての借入の方」のみなので、
初めての借入であれば30日間無利息サービスを受けることができます。

レイクALSAの30日間無利息サービスについて


レイクALSAの無利息サービスは、初めてのお申込みなら、60日間無利息(Web申込限定)か、 5万円まで180日間無利息、どちらかを選択することができます。 レイクALSAも、初回契約日から起算されるので、 契約後すぐに借入しない場合は、無利息期間の日数が少なくなってしまいます。 60日間無利息(Web申込限定)と、5万円まで180日間無利息のサービス、 自分だったらどっちがいいか、迷うことが多いと思います。 実質年利も変わってくるため、要チェックです。

Webで申込むと60日間無利息 60日間無利息期間終了後の金利
→4.5%〜18.0%
5万円まで180日間無利息 5万円超分の金利
→12.0%〜18.0%


30万円以上の借入をする場合は、60日間無利息(Web申込限定)のほうが手数料は安く済むのですが、 30万円以下の借入の場合は、返済回数によっても、どっちが得か、というのは変わってきます。

・いずれも契約額200万円まで
・無利息期間経過後は通常金利適用
・30日間、60日間、180日間無利息は併用不可

詳細はこちらでシュミレーションを実施してみるといいでしょう。
レイクALSAシュミレーションはこちら

無利息のカードローンの利用をオススメしたい方はこんな人!

無利息30日間のサービスをオススメしたい方は、
ちょっとした出費がある、ちょっとだけお金が足りない、という方です。

例えば、結婚式や引っ越し、飲み会の費用、給料日前でちょっとだけお金が足りない、といった方です。

次の給料日には返済できるくらいの金額であれば、
一切の利息がつかずに借入することができる可能性があるためです。

ATM手数料がかからないようにすれば、
銀行でお金をおろすよりも安いかも!
参考:ATM手数料で比較、どこが一番お得か

無利息での借入は精神的にも楽になるので、
初めて借入する場合はぜひとも利用したいサービスです。

まとめ

各社、無利息サービスは展開しているものの、
日数の起算日や、条件などが違うため、
無利息サービスを利用したい場合は、各社比較してから利用することをおすすめします。

ご自身の借入予定、予算に合わせて、
よりサービスの恩恵を受けられる金融機関に申し込みましょう!

ページトップへ