お金に関するコラム

金利が低いところと高いところがあるのはなぜ?

カードローンのサイトを見ていると、金利が低いところと高いところがあります。

この金利の差って、なんで生まれるのかご存知でしょうか?

今回は金利の差について、ご説明いたします!

金利の差は各会社の企業努力?それとも・・?

金利が低いところは企業の努力でしょう、と思っている方、
多いのではないでしょうか。

でもこれ、ちょっと違います。

金利が低い金融機関は、銀行系のカードローンですね。
金利が高いのは、プロミスやsmbcモビット、アコムといった、消費者金融のカードローン。

銀行系のカードローンは、確かに金利が低いですが、
低い金利でお金を貸せるのは、大企業や公務員といった、
安定した、かつ、お給料が高い方に限られます。

それはそうです。

金融機関も商売ですから、返済の確実性が高い、
大企業の安定したお給料がある人には、
金利を低くして大きいお金を借りてほしいものです。

つまり、低金利でお金を借りるには、
厳しい審査を突破しなければならないのです。

審査には数日かかることもあります。

返済してくれる確実性が低くなればなるほど、
金利は高くなります。

返済してくれなければ、会社は潰れてしまいますから、
金融機関のリスクヘッジです。

逆を言えば、消費者金融のカードローンは、大手企業の年収が高いという高スペックでなくても、
金利は高くなるけど、お金を借り入れることができるということです。

しかも、消費者金融のカードローンは、サービスがとても充実していて、
即日融資してくれる会社も多いです。

銀行は消費者金融のノウハウを学んでいる!?

実は、過去、銀行には個人キャッシングのノウハウがあまりありませんでした。

その分、消費者金融の会社は、独自で審査方法を研究し、
返済をしてくれない方への督促のノウハウを貯めていきました。

消費者金融の取りたては怖い、と思っている方もいると思いますが、それは大間違い。

なぜなら、怖い取り立てをして返済してもらったとしても、
社会的イメージが悪くなるだけで、お金を借りる人がいなくなっては意味がありません。

怖い取り立てよりも、イメージをよくした方が、
会社の売り上げにつながるためです。

そのため、現代においてCMをやっているような
大きい消費者金融での怖い取り立ては存在しません。

消費者金融会社には、怖くない督促のノウハウがあるのです。

こういったノウハウによって、
消費者金融会社は、大企業で高年収といった高スペックの人以外にも、
お金を貸し出すことができるのです。

すぐにお金がほしいなら消費者金融がおすすめ

先ほどもチラっと書きましたが、銀行系のカードローンは、
金利は低いですが、審査が厳しい傾向にあります。

そのため、審査に数日かかることが多く、早くお金を借りたい!という方にはあまり向いていません。

すぐにお金がほしい!という方には、消費者金融のカードローンをおすすめします。

上記にもありますが、消費者金融会社は、独自の審査システムを作り上げていて、審査がとても速いんです!

公務員と株式会社の違いみたいなもんです。

最近では即日融資は当たり前。
※即日融資の条件は各金融会社によって違います。

一度借り入れたあとの会員特典やコールセンターの対応なども、
消費者金融のほうがいいです。

おすすめカードローンランキング

1位 プロミス

1位はプロミスです!

なんと!プロミスは出金日の翌日から30日間無利息なのです!
※プロミスの無利息サービスは、メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。

消費者金融のカードローンなのに、安く借り入れができちゃいます!

もちろん即日融資も可能で、しかも、即日融資できる受付時間も、
遅くまでやっています。

ただし、夜遅くまで可能とはいえ、会社への電話連絡が必要な場合、
夜遅くに会社に電話してもつながらないことが多いですよね。

そのため、即日融資を希望するのであれば、
定時の時間ちょっと前までに申込をするといいでしょう。

また、プロミスに申し込むメリットは「瞬フリ」というサービス。

三井住友銀行またはジャパネット銀行に口座があれば
24時間最短10秒で口座へ瞬時に振込まれる「瞬フリ」が利用できます。

(プロミスからの振込先の口座を、ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座とすることで、24時間いつでも振込融資を受けることが可能なのです!)

該当口座がなくても即日融資は可能ですが、
その場合は平日14時までに手続きを完了しておく必要があります。
(銀行の振り込みが平日15時までだから)

プロミスはキャッシュレスも可能ですし、カードを発行してもカード手数料はかかりません。

実質年利 4.5%~17.8% 利用可能額 1万円~500万円
入会金
年会費
0円 ATM手数料 手数料は無料ですが、
コンビニATMは手数料がかかります。

1万円以下 108円
1万円超 216円

返済方法 残高スライド元利定額返済方式 審査スピード 最短30分
即日融資 可能
ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座があれば24時間可能。
該当口座がなければ平日14時まで手続き完了の必要あり。
○プロミスの特徴
・出金日の翌日から30日間無利息
・会員になると「瞬フリ」が利用できる
・カードレスも可能で、郵送物がなくWEBで完結できる

2位 SMBCモビット
2位はSMBCモビットです。

SMBCモビットは、10秒簡易審査というものがあります。
本審査ではないのですが、10秒で簡単な審査が受けられるのです。

また、「WEB完結」というサービスがあり、
三菱UFJ銀行か、三井住友銀行かゆうちょ銀行の口座を持っていること、
社会保険証、もしくは健康保険証をもっていれば、カードレスで利用が可能になります。

(カードを発行しても手数料はかかりません)

手続きもとても簡単で、審査が通れば入会手続きをすればいいだけなのでスピーディー。

しかも、web完結は電話連絡がありません。

条件を満たさずカード発行となっても、最短審査30分ですので、
即日融資も可能ですが、平日の9時~14時50分までに手続きを完了する必要があるので、
それまでに審査が通るように、可能であれば午前中に審査を申し込んだ方が無難です。

実質年利 3.0%~18.0% 利用可能額 1万円~800万円
入会金
年会費
0円 ATM手数料 手数料は無料ですが、
コンビニATMは手数料がかかります。

1万円以下 108円
1万円超 216円

返済方法 借入後残高スライド元利定額返済方式 審査スピード 最短30分
即日融資 可能 可能
平日9時~14時50分まで手続き完了の場合。
○ SMBCモビットの特徴
・平日9時~14時50分まで手続き完了すれば即日融資可能
・web完結は本人確認や電話連絡なし
・ノンバンクの中では適用金利が低い

3位 アコム
アコムは楽天銀行の口座を持っていると優遇サービスを受けることができます。
入出金の手数料が無料になったり、
会員になった後は楽天銀行の口座に最短1分で振り込みが可能だったりします。

即日融資を希望の場合は、
初めての方は三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座を持っていれば17時までに、
2回目以降の方は14時までに申込を済ませましょう。

楽天銀行をお持ちの方は、20時までに申込を済ませればOKです。

アコムは、店頭か郵送でのカードの受け取りが必須となります。

※アコムはカード発行料金がかかります。

実質年利 3.0%~17.8% 利用可能額 1万円~800万円
入会金
年会費
0円 ATM手数料 手数料は無料ですが、
コンビニATMは手数料がかかります。

1万円以下 108円
1万円超 216円

カード発行手数料 324円 返済方法 定率リボルビング方式
審査スピード 最短30分 即日融資 可能
初めての方は三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座を持っていれば17時まで申込
2回目以降の方は14時までに申込を。
楽天銀行をお持ちの方は、20時までに申込。
収入証明書 50万円以下は不要。
ご希望のお借入額が50万円を超える場合や
ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合は必要。
○アコムの特徴
・会員になると楽天銀行の口座を持っていれば、24時間最短1分で振り込み可能
・楽天銀行の口座を持っていれば手数料無料
・返済日をメールでお知らせしてくれる

ページトップへ