お金に関するコラム

プロミス vs SMBCモビット

消費者金融はいくつかあってどこで借入したらいいかわからない、、
という方に向けて、消費者金融ごとに比較したいと思います!

しかも、プロミスもSMBCモビットも、どちらも三井住友銀行グループです。

何が違うの?どっちがいいの?

どこで借入するか決める決定打になれば幸いです。

今回は、プロミス vs SMBCモビット


実質年利 4.5%~17.8% 利用可能額 1万円~500万円
入会金
年会費
0円 三井住友銀行の提携ATM手数料 無料
※コンビニの提携ATMは下記手数料がかかります。
1万円以下 108円
1万円超 216円
カード発行手数料 0円 返済方法 残高スライド元利定額返済方式
審査スピード 最短30分 即日融資 可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


参考:プロミスを徹底解説

モビット

実質年利 3.0%~18.0% 利用可能額 1万円~800万円
入会金
年会費
0円 ATM手数料 三井住友銀行ATM手数料無料
※コンビニの提携ATMは下記手数料がかかります。
1万円以下 108円
1万円超 216円
カード発行手数料 0円 返済方法 借入後残高スライド元利定額返済方式
審査スピード 10秒簡易審査 即日融資 可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


参考:SMBCモビットを徹底解説

プロミス vs SMBCモビット 金利はどっちがお得?

まずは金利を比較してみましょう!

プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット  3.0%~18.0%


最低金利を比較するとSMBCモビットのほうが低いですね!

ただし、金利を比較する際のポイントは、最高金利です。

なぜなら、消費者金融で初めて借入する際は、最高金利が適用されることが多いためです!

最低金利が適用されるのは、公務員や大企業などの、安定している会社員の場合です。

初めて借入する場合は、しっかり返済してくれるかどうか、などわからない状態での貸出なので、
最高金利の適用が多くなります。

最高金利で比較すると、プロミスの金利が有利ですね!

プロミス vs SMBCモビット 借入スピードはどっちが早い?

プロミス 審査最短30分
SMBCモビット 10秒簡易審査


借入スピードに関しては、申し込み内容の不備などにより
審査スピードが変わるのですが、
すべて問題なく審査した場合は、SMBCモビットが有利になる可能性が高いです。

なぜなら、SMBCモビットは、WEB完結というサービスがあり、
電話確認がないサービスとなっております!

職場への電話連絡もありません。

さらに、カードレスなので無人契約機や店舗に足を運ぶことなく、
審査が通ればすぐに借入可能です。(口座振込での対応となります)

ただし、SMBCモビットのWEB完結を利用するには、
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方で、
社会保険証、組合保険証をお持ちの場合に限ります。

プロミスも、もちろんカードレスのため、店舗や無人契約機に行く必要がないのですが、
電話での在籍確認などはあります。

いずれも審査時間は最短30分(10秒簡易審査)となっていますが、
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方で、
社会保険証、組合保険証がある場合は、SMBCモビットが有利です!

参考:即日融資ならここがおすすめ

プロミス vs SMBCモビット 審査申込みの際の記入項目はどっちが多い?

まずプロミスから項目を確認してみます。

・氏名
・氏名(フリガナ)
・生年月日
・性別
・家族構成
・子供の有無
・電話番号
・自宅電話の有無
・運転免許証交付の有無
・郵便番号
・自宅住所
・お住まいの種類
・雇用形態
・勤務先名
・勤務先名(フリガナ)
・所属部署
・会社電話番号
・社員数
・最終学歴
・入社年月
・税込年収
・健康保険証の種類
・業種
・職種
・ご希望の契約方法(WEBか来店)
・現在の他社のお借入
・今回のお借入希望額
・メールアドレス
・パスワード
・審査結果連絡方法
・書面の受け取り方法
・アンケート

プロミスは合計:35個の記載項目がありました。

では、SMBCモビットの項目を確認します。

・お名前
・お名前(カナ)
・旧姓の有無
・性別
・生年月日
・メールアドレス
・携帯電話・PHSの有無
・携帯電話・PHS番号
・携帯電話・PHS名義
・自宅郵便番号
・自宅電話番号の有無
・自宅電話番号
・勤務先の種類
・税込年収
・契約希望額
・利用目的
・最終学歴
・国籍
・希望連絡先
・インターネットパスワード

SMBCモビットは合計:20個の記載項目がありました。

入力数ではSMBCモビットが有利ですね。
早く借入したい!という場合は、SMBCモビットで借入するといいのでは?

プロミス vs SMBCモビット 無利息期間はどっちが長い?

プロミス 初回ご出金の翌日から30日間
SMBCモビット なし


無利息期間についてはしっかり確認する必要があります。
なぜなら、借入してから起算するのか、契約日から起算するのかで、
適用期間が変わってくるためです。

プロミスは借入してから30日の適用なのですが、
これは、お金を借入してからの起算となります。

一方、契約日から起算する場合、
契約してから借入するまで、5日ほど日があいたとしたら、
無利息期間は25日となります。

今回はSMBCモビットは無利息期間がないため
言うまでもなくプロミスがお得ですが、
他社と比較する場合は気をつけて確認してくださいね。

参考:無利息期間のあるカードローンを徹底比較

プロミス vs SMBCモビット ATM手数料で比較!

ATM手数料は基本的にどの消費者金融でも下記となります。

1万円以下の借入 108円
1万円超の借入 216円

 

そのため、ATM手数料については、
手数料が無料になるケースが多い方で比較してみたいと思います。

ATM手数料が無料になるケース1 自社ATMを利用する

プロミス 無料
SMBCモビット 自社ATMなし
借り入れる場合は提携ATMのみ
(三井住友銀行ATMは手数料無料)


ATM手数料が無料になるケース2 インターネットバンキングを利用する
インターネットバンキングは、ATMを使うことがないので手数料がかかりません。

プロミス 借入・返済ともに手数料無料 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行
SMBCモビット 借入は手数料無料。返済は手数料負担 どこのインターネットバンキングでもOK!


ただし、SMBCモビットでは、インターネットバンキングを利用しても
返済には手数料がかかってしまいます。
ATM手数料が無料になるケース3 無料の提携ATMを利用する
プロミスもSMBCモビットも、提携している銀行の中には、手数料無料としている銀行があります。

プロミス 三井住友銀行
SMBCモビット 三井住友銀行


いずれも三井住友銀行ですね。

以上3つを比較してみると、プロミスが有利ですね。

プロミス vs SMBCモビット 無人契約機や店舗で比較!

最後は、店舗数での比較です。

SMBCモビットは、店舗がないため、ATMのみとなります。

有人店舗 無人契約機 営業時間
プロミス 18店舗 約1100台 有人店舗:平日10:00~18:00※土日祝日休み

無人契約機:9:00~22:00※契約機により営業時間が異なります。

SMBCモビット なし 約400台 有人店舗:なし

無人契約機:8:00~21:00


プロミスもSMBCモビットも、自社ATMの他に、
三井住友銀行のATMでも契約することが可能です。

台数で比較すると、プロミスが有利ですね!

参考:ATM手数料で比較、どこが一番お得か

契約後のサービスに違いはある?

プロミスは一度会員になると、「瞬フリ」というサービスが利用できます!

瞬フリとは、24時間365日、最短10秒でお振込みが可能なサービスです。
ただし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方に限ります。

他の金融機関口座でも、14時50分までに依頼をすれば、
最短10秒でお振込みが可能です。

これは嬉しいサービスですね!

まとめ

以上、比較するとプロミスが有利な点が多いようですね!

急ぎで借入したい方はSMBCモビット、
サービスを重視したいのであれば、プロミスでの契約をオススメします!

ページトップへ