お金に関するコラム

治験でお小遣い稼ぎをしよう!治験のあれこれ

治験は報酬が高いので、知っている方も多いと思いますが、
新薬を試す、という、いわば毒味役ですから、少し不安もありますよね。

今回は治験のアルバイトについて調べてみました!

治験ってどんな薬を試すの?

治験は、新薬として世間に出回る前に、実際に服用するというアルバイトです。

国に認可されていない薬を試すのですから、
ある程度のリスクもあるため、高額な報酬となっているのでご存知の方も多いと思います。

リスクとは言っても、薬を作るのに、基本的には10年〜15年という、
長い年月をかけて作られていて、私達がアルバイトとして服用するのは、
ほとんど最終段階のレベルです。

もし薬害が出たらどうするの?

わたしたちがアルバイトとして参加するのは、
体への反応を見るのももちろんですが、
飲み心地や味の評価をしてもらうことが多いのです。

そのため、薬害が出るということはあまりないのですが、
もし万が一、薬害が出たとなった場合は、保障がついていて、
金銭的なところの心配は不要です。

入院することになっても、医療手当や休業補償金が支給されます。

治験って1日で終わるの?

1日で終わることもあれば、3日間入院する場合や、
1週間、1ヶ月拘束されることもあります。

拘束されるとは言え、病人ではないので、
基本的に入院中は自由です。

ただし、食事や運動の制限が課されることもありますので、
そのあたりはしっかり説明を聞きましょう。

治験の種類によって違いますので、
ご自身の予定に合わせて選択しましょう。

治験のアルバイト報酬ってどれくらいなの?

治験のアルバイトの報酬は様々ですが、
1日であれば1万円〜2万円、拘束が長ければ長いほど、当然報酬も上がります。

1週間で10万円、という治験アルバイトもあります。

治験って家でやるの?

家でやることはありません。
基本的に医師がいる病院で実施することになります。

新薬を試す際は、血液検査が行われますし、
脳波の測定をすることもあります。

健康診断が無料!

治験のアルバイトをする際は、体に異常がないかチェックするため、
健康診断を行うことがほとんどです。

もちろん、こちらが負担することはありません。

入院すれば、食事が出ますので、食費もかかりません。

まとめ

治験は国に認められる前の新薬を試すアルバイトのため、
全くリスクがないか、と問われれば、そうとは言い切れません。

ただ、新薬を一般の人達に試してもらうという過程には、
数十年かけて研究している背景があります。

そのため、あまり心配することもありません。

アルバイトをする際は、ご自身の体調と相談しながら応募してくださいね!

ページトップへ